言葉変換『もんじろう』用アイコン コンコルド広場@パリ =5/5旅日記③=   

2005年 12月 11日

旅日記 5/5③ 【5.May.2005@パリ市内】 前回の旅日記はココから!
coogee☆が、マドレーヌ寺院からテクテク歩いて着いた場所は・・・
   じゃん! 〝コンコルド広場〟【Place Concorde】です!
a0067485_2251822.jpgシャンゼリゼ大通りとチュイルリー公園の間にある広場。

広場の真ん中にある〝オベリスク【Obelisque】〟は、エジプトから贈られた紀元前13世紀の代物だとか。高さ23m。空高くそびえ立ってました。

1793年~1795年の約2年間で1,343人が、この広場でギロチンにかけられました。
その中でも、ルイ16世とマリー・アントワネットがこの広場でギロチンにかけられた話は、とても有名ですよね。
彼らが幸せの真っただ中にいた婚礼の日、彼らを祝福する花火も、ここで打ち上げられたそうですよ。
幸せの時と最後の時が関係するコンコルド広場・・・なんか切ないですね。。。
そして、色んな意味で有名なこの広場からは、
パリの観光スポット歴史的建造物を一望することができちゃいます。




a0067485_22522955.jpgまずは、
広場から見た
マドレーヌ寺院
です。

昨日のBlogでは、
マドレーヌ寺院から見たコンコルド広場の写真をupしました。
a0067485_22525055.jpg次に、
広場から見た
エッフェル塔です 。

広場からエッフェル塔を見つけた時は感動しました。
夜、ライトアップで光り輝く塔も綺麗に見えそうです。
a0067485_2253551.jpg最後に、
広場から見た
凱旋門 です。
凱旋門まで続く、このシャンゼリゼ大通りは有名ですよね♪
凱旋門の奥に、新凱旋門が見えるのですが、写真では分かりにくいなぁ。ありゃま、残念 ヾ(´▽`;)ゝ

この他にもルーブル美術館やブルボン宮など、見渡すことが出来ます。
コンコルド広場を後にし、次にcoogee☆が地下鉄で向かった先はというと・・・

a0067485_22521437.jpga0067485_22473453.jpga0067485_22364351.jpg

[PR]

by coogee-syd | 2005-12-11 22:00 | travel@europe

<< Royce'のお菓子♪ マドレーヌ寺院@パリ =5/5... >>